インプラントの影響

インプラントのフッ素の影響

インプラントフッ素が影響な理由

インプラントした歯にしている場合歯磨き粉や歯科医院で塗布するフッ素が場合によってはインプラント体の部分を腐食させる影響があります。腐食する恐れが高いのは酸化した口内でのこれの使用です。口内の酸化はプラークの付着による細菌産生の時に起きます。特に歯科医院での塗布の場合0.9%と高濃度である為悪影響を起す事から使用は推奨されていません。歯磨き粉には低濃度とは言えほとんどがこの成分が含まれているので0.5%以上の濃度であるとチタンに変色や粗造化になる為濃度が低い歯磨き粉を使用するのが良いとされます。またほとんどのマウスウオッシュであればフッ素が入っていないのとあっても0.05%と低濃度なのでメインに使っても問題ありません。

フッ素でのインプラントのケア

フッ素が入っている洗口剤で口の中をケアしていくことは、インプラント治療をした後でもしていくことが可能になっています。現在の研究では、人工の歯や専用の金属などにフッ素が悪い影響を及ぼすことがないとされていて、安心して使うことが可能です。虫歯や歯周病の予防などをすることができるため、健康的な歯にするために、効果的であり、よいケアができます。インプラント治療は、虫歯や歯周病が悪化してしまうと、埋め込んだ歯が抜け落ちたりすることがあるため、日常的な歯のケアが重要になっています。また、定期的なクリニックでのケアも重要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントのフッ素が塗布 All rights reserved