インプラントフ素中止

インプラントフッ素使用中止

インプラントフッ素塗布は中止

インプラント治療後は、フッ素塗布は中止します。インプラントに使われる金属チタンは、腐食しないと考えられていました。チタンの表面を酸化膜が保護し、劣化を防いでいるからです。しかし、虫歯予防のために歯磨き粉や塗布剤、洗口液に使われるフッ素が、チタンと化学反応を起こし、急速に劣化、腐食させることが分かってきました。口腔内は、食事によってミュータンス菌などで糖が分解され、酸性に傾きます。炭酸飲料やジュースなどを飲めば強い酸性になります。深い歯周ポケットなどではさらに高まり、腐食の危険性は極めて高い状態になります。

インプラントとフッ素の関係性

インプラント治療は虫歯や歯周病や外傷などが原因で歯を失ってしまった場合に、顎の骨に人工歯根埋入して、その箇所に義歯を取りつける治療のことをいい、見た目にも違和感がなく、また箇所の周りの歯を削ったりする必要がないので健康な歯への負担がないなど、多くのメリットのある治療です。チタン製のインプラントの表面は参加膜で覆われているのですが、フッ素入りの歯磨き粉を使用して歯を磨くと腐食してしまう可能性があるので、歯磨き粉を購入する際に歯注意が必要となるので、完全無添加の薬用コパイバナチュラル歯みがき粉を使用することで腐食を防ぐことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントのフッ素が塗布 All rights reserved