インプラントブリッジ

インプラントとブリッジは

インプラントとブリッジについて

歯が抜けてしまった場合の治療法にはいくつかあり、歯科医師からはインプラントやブリッジといった治療法が提案されることになります。どちらを選択するかは患者が決めることですが、歯全体の健康を考えた場合にはインプラントが推奨されます。ブリッジは保険診療のため自己負担する費用は少なくてすみますが、周囲の健康な歯を削らなければならないという欠点があります。将来の健康のことまで考えて治療法を選択することが大事です。

インプラントのメリット

虫歯などで歯を欠損してしまった場合、そのまま放置していると歯のバランスが崩れ、他の歯にも悪影響を起こします。そのため、代わりの入れ歯、またはインプラントを入れなければなりませんが、入れ歯ですと硬いものが食べられなかったり、大口を開けた時に留め金が見えたりとデメリットも多いのです。その点インプラントですと、硬いものも食べられ、笑った時にも留め金が見えることはありません。高価ではありますが、その分メリットもとても多いのです。ですので、歯を欠損した際は、是非検討されることをお勧めします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントのフッ素が塗布 All rights reserved