自然なインプラント

インプラントは治療実績

デンタルインプラントの概要

インプラントとは、顎の骨に埋め込んだ人工歯根のことをいいます。虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合の治療として選択されます。現代使われているインプラントのほとんどが純チタンかチタン合金でできています。本物の歯根の様に先が細くなった形やネジの様な形、シリンダーの様な形のものがあります。かつては表面が研磨されていましが、現在は故意に表面を粗くし、骨との接着性を高めたものが主流です。さらに、歯の主成分であるハイドロキシアパタイトでコーティングしたものもあります。

若い人もインプラント

高齢者になると歯を失うリスクも高くなりインプラント治療を行う機会が多くなりますが、部分的に歯のない人に効果がある治療方法のため年齢が若くても効果のある治療方法なのです。前歯が一本、奥歯が一本抜けたというような場合に歯は一本抜けたまま放置すると周りの歯を弱めてしまうことになります。早めに治療をするほうがよいためインプラントなら部分的な歯の治療に適しており、また歯並びをきれいにすることもできる治療方法なのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントのフッ素が塗布 All rights reserved